ラム・お知らせ

暮らす旅スタッフの京都に関するコラム、
お知らせや京都の催事・イベント情報など随時掲載していきます。

南禅寺と哲学の道を満喫する宿

2018.01.14 |

陶々舎の福太朗さんが引っ越した家を訪ねて年明けの京都へ。

夏越しの茶会から、早、半年が過ぎ、山に雪も見える冬景色です。

滞在は町家の宿の葵KYOTO STAY。

新しく南禅寺そばの哲学の道沿いにできた「看月亭」です。

春には円山公園由来のしだれ桜も楽しみな看月亭の庭。


庭を取り込む土間が居間と茶室をつなぐ。


居間

茶室

寝室

夜は雪見障子の向こうにライトアップされた庭が広がる。

哲学の道の向こうに東山が迫る。


琵琶湖疎水の水を引き込んだ池を望む数奇屋造りの一軒家で、

居間と茶室をぐるりと囲む土間からは、庭を一望できます。

ほかの葵KYOTO STAY同様、キッチンやバスルームは最新設備で、床暖房も完備されています。

庭に出れば、哲学の道の向こうに東山が迫り、

日が暮れれば明かりが灯る池の空に月があがり、

看月亭の由来をうかがえます。

このロケーションをお茶や食事をしながら過ごす時間は特別。

一歩外に出れば、哲学の道の散策も楽しめ、

観光で訪れる寺社では味わえないプライベートなひとときは

まさに暮らす旅ならではの醍醐味です。

手前に万両、向こう岸には南天の実が冬の哲学の道を彩る。


猫だけでなく猿も散策する哲学の道。