ラム・お知らせ

暮らす旅スタッフの京都に関するコラム、
お知らせや京都の催事・イベント情報など随時掲載していきます。

置き花の撮影

2019.06.05 | お知らせ

日本ならではの陰翳の美を語った谷崎潤一郎の「陰翳礼讚」。

青空文庫で無料でも読める名作ですが、写真家大川裕弘さんの写真を添えた

ビジュアルブック(パイインターナショナル刊)は版を重ねるベストセラーとして、

先日朝日新聞でロバート・キャンベル氏が紹介していました。


座敷にこぼれる障子越しの光りや蝋燭の灯りに照らされた金屛風、あるいは庭木の葉陰など、

日本の伝統的な空間にひそむ美を、大川さんのカメラはとらえています。


大川さんの写真を使うビジュアルブックの第2弾の企画があり、

福太朗さんのお茶の話をしたところ、

ぜひ撮影したいと話が進み、一緒に京都に行って来ました。

撮影初日は炉の点前と炭の撮影。

福太朗さんには快く引き受けてもらったものの、

すっかり初夏となった茶室で、扇風機や団扇を使いながらの撮影となりました。

二日目は私たちの稽古をかねて「置き花」をやりました。


以前にも紹介しましたが、花材を順に置いてゆき、

全て置き終えたら、次は順に外していく。

思い通りには決してならない代わりに、

思うがけない変化が楽しめる「置き花」ですが、

はたしてどんな本になるのか、

来年早々の刊行ということで、今から楽しみです。