• HOME
  • コラム・お知らせ

コラム・お知らせ

暮らす旅スタッフの京都に関するコラム、
お知らせや京都の催事・イベント情報など随時掲載していきます。

お茶の都 京都

2016.10.31 | お知らせ コラム

茶道は「ちゃどう」と読み、「さどう」は茶頭なのだとか。千利休は秀吉の茶頭でした。

 いまも、利休は小説や映画、漫画などで繰り返し題材となっています。もっとも多くはその死の謎がテーマで、利休の権謀術作の凄さが描かれることが多いようです。茶器や茶室を変革し、わび茶を大成した業績は付け足し程度で、「茶道とは何か」が語られることはほとんどありません。

 利休は「自分が死んだら茶は廃れる」という言葉を残したそうですが、利休が大成した茶道には、いまや数多くの流派があります。とはいえ、茶道の存在は知っていても、私自身もそうですが、内容まで知る人は少ないでしょう。

陶々舎の月釜にて


 暮らす旅舎が2年以上かけて取材し、この秋出版した『京都はお茶でできている』は、企画当初「お茶の都 京都」という仮タイトルで始まりました。取材を通して、茶道のことを少しばかり知ることができましたが、それは専門の本がいくらもあるのでおまかせするしかありません。

とはいえ、岡倉天心の「お茶の本」が芸術論としてとても、興味ふかく、「京都 手仕事帖」でテーマにした生活芸術の都としての京都を、お茶から見てみようとと思ったのです。だから本書は京都のお茶と暮らしがテーマで、けっして茶道の本ではありません。ただ茶道に取り組む人びとが多く登場します。

  本書のなかで、三人の若い茶人が日本家屋で暮らし、陶々舎という名で、お茶を中心とする伝統文化を発信する様を紹介しています。そのひとりが次のように話しました。

「茶室や型や作法という形で、茶の湯を冷凍保存した『流派のお茶』。それゆえに残せたことも重要だが、解凍する役目がこれからお茶をする人の役目では」。

本書では陶々舎の3人のお茶ライフを紹介しています。


「お茶」を解凍し、血を通わせるために、三人はそれぞれお茶の面白さを伝えるためにさまざまな茶会を開いています。鴨川でお茶を点てたり、銭湯と茶会をつなげて室町時代の茶の湯を現代に再現したり、お酒でお茶を抽出して「おちゃばー」を開きます。

 陶々舎の取材中、「何年もお茶を稽古していたけれど、初めてお茶が楽しいと思えた」と話す女性に何人も出会いました。

 おそらく、そうした声は「茶道は禅の修行と同様、単なる趣味や遊興ではない」という言葉に、封じこめられてきたのかもしれません。

  もちろんお茶は茶道ばかりではありません。たとえば祇園や河原町では抹茶アイスを求めて長蛇の列ができます。抹茶パフェも、お茶と和菓子を出す和カフェも人気です。お茶農家も抹茶スイーツに助けられているそうです。

 さらに京都に暮らす人々にとって、日々の暮らしに受け継がれてきた日常のお茶、ほうじ茶や番茶は欠かせません。さらに美味しいお茶漬けの友など、身近なお茶の世界がずっと、あたりまえのものとしてそこにあります。

京はやしやの抹茶パフェ

 本の巻末では陶々舎に、お茶会のお客さんになる指南をしてもらいました。「いま立っている足元こそ伝統」とは陶々舎の茶の湯心得のひとつですが、多彩なお茶の世界がいままさに京都を訪れたみなさんの足元に広がっているのです。

 

 

 

「京都はお茶でできている」10月15日発売

2016.09.20 | お知らせ

暮らすように京都を旅する楽しさを紹介する「暮らす旅舎」の本。今回のテーマは「お茶」です。といっても茶道の本ではありません。

 お茶、お茶碗、懐石料理、和菓子、床の間、お軸、お花。そのすべてが京都で生み出された文化です。それらは日本人の暮らしの文化、すなわち生活芸術をつくりあげました。

 京都では茶の湯はもちろん日々お茶を楽しむ人たちがいます。一杯のやすらぎと愉しみを知る方々を通して喫茶の魅力を追求します。

 またお茶の生産者から、お茶が美味しい料理店や甘み処、さらにはお茶漬の友まで紹介します。

「お茶を知れば、京都はもっと楽しい!」

『京都はお茶でできている』本の詳細はこちら→http://kyoto.kurasutabi.jp/books/article/58
『京都はお茶でできている』本のご購入はこちら→http://amzn.to/2dYK0Lc

 

Our book series ‘Kurashi-Tabisha’ presents the Kyoto you would experience if you were living in the city.

 ‘Tea’ is the central theme in this volume, although it‘s not a Tea Ceremony textbook.

 A unique blend of Japanese Tea, Chawan, Wagashi Sweets, Kaiseki Cuisine, flower arrangement and Kakejiku scrolls - enjoyed around a Tokonoma (alcove) space - all flowered into an Art of Living that now connects the daily lives of Kyoto residents.

 You are invited to explore current tea culture with us on a number of selected visits to locals who know the peace and pleasure of a simple bowl of tea. Along the way, we also meet reputable tea producers, Japanese confectioners, delectable restaurants and much more.

 “Know tea, and you’ll know Kyoto!"

 

明けまして、おめでとうございます。

2016.01.01 | お知らせ コラム

明けまして、おめでとうございます。

よく晴れた元旦です。

大晦日には、京都から福千鳥のおせちがクール便で届きました。「進化バージョン」は、清々しい白木の箱に15品の料理がそれぞれフレッシュパックで詰められています(黒豆は瓶詰)。保存料を使わず、本来のやさしい味を生かしたいということで、真空パックに。付属の笹の葉や木の仕切りを使えばそのままお重として使えるのですね。今年は、我が家で久しく使っていなかった丸い重箱を使ってみようと、自己流で盛り付けてみました。仕切りの代わりに、京都のセレクトショップNOMAで購入した斉藤幸代さんの豆皿などを使ってちょこちょこ盛り。余白を残してゆったり盛ったので、盛りきれない食材まだまだあります。

今朝は、年末にいただいた、京都北野天満宮の大福梅と結び昆布に白湯をさした福茶で始めてみました。京都でなさるという、年始めの作法をさっそく真似。

元日の過ごし方は、それぞれの地方や家で違うと思いますが、ちょっと背筋を伸ばして、気持ちも新たに、新しい年をよりよく過ごせますように、という気持ちは同じなのではないでしょうか。

暮らす旅舎では、今年、また京都の本を出版する予定です。通えば通うほど見えてくる、京都の魅力をお伝えしたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

↑北野天満宮の梅は、白湯をさすとふっくら味が出て、おいしい福茶でした。


↑福千鳥のおせちが届きました。杉の取り箸や縁起物の松の葉も添えられていて、うれしい。

↑美しい白木の箱入り。仕切りを使って盛りつければ、そのままお重として使えます。

↑仕切りの代わりに、手持ちの小さな器や、斉藤幸代さんの豆皿を使ってみました。まだまだ盛りきれていません。

そろそろお正月の準備です。

2015.12.17 | お知らせ コラム

「せやけど、今年はあかんな〜」と、誰もが口を揃えた今年の紅葉は、なんと12月に入ってから、ようやくきれいに色づきました。この秋の「そうだ、京都行こう」にも取り上げられた、北野天満宮の「もみじ苑」も、急遽、秋の特別公開を一週間伸ばしての営業です。

通常、京都の紅葉の見頃は11月中旬から下旬なので、やっぱり今年は、なんやけったいな紅葉だったのです。


↑もみじ苑から見た北野天満宮。


そんな長い紅葉の時期も終わり、街はそろそろ正月準備が始まりました。

12月13日は「事始め」。正月の準備を始める日です。この日の祇園街では、舞妓さんや芸妓さんが鏡餅を持って師匠のところへ挨拶にまわる姿が見られます。

事始めの日を過ぎると、お屠蘇や、元旦にいただく大福茶が売られているのに目がとまります。

北野天満宮でも、毎年事始めから、12月25日の終い天神までの間に「大福梅(おおふくうめ)の授与」が行なわれます。天満宮の梅園で実った梅を、元日の朝にお茶や白湯に入れて飲むと、一年間の邪気を払ってくれるのです。こうしてお正月の準備をひとつひとつ整えて、新しい年に向かいます。(京都駐在Y.S)

↑大福梅。6粒入り。毎年売り切れることも多いので、この時期はお早めに。

↑さすがに学問の神様。この日も本殿は合格を願う高校生たちでいっぱいでした。入試も新年も、もうすぐそこですね。

↑堂々たる本殿の門にも、年迎えの華やかさが添えられます。

今宵堂の千鳥皿で一杯!

2015.08.20 | お知らせ

去年の夏は取材のため、京都暮らしでした。街で美味しいコーヒーをいただき、スーパーでお豆腐を買い、洗濯をする。時には近所の銭湯でのびのび〜〜。まさに「暮らす旅」。

「あーそろそろ京都欠乏症」。格子の窓が恋しくなっていたこのごろでしたが、今宵堂さんに注文していたお皿が届きました!

まるで愛しい赤ちゃんをくるむように、幾重にも薄紙やパッキン材で包まれた中から出てきたのは、千鳥の形をした小皿と箸置き、涼しげな色の片口です。

とにかく注文が多くて、それでも、お盆を返上してついにできあがったとお知らせがありました。私たちもお盆を返上して原稿を書く日々でしたので、ひと仕事終わったあとの晩酌タイムにちょうどぴったり!

仕事と生活の場がいっしょということは、通勤時間のストレスがないかわりに、今ひとつ、時間と場の区切りがないのです。夕飯のための買い物、お勝手仕事、そして晩酌が唯一の楽しみといってもよい!!

で、そのための小道具は大切なのです。

京都を偲ぶ千鳥皿には、もやしのナムルをのせました。長文屋さんの七味唐辛子も使用しております。

Kitはこんなふうに。

2015.06.13 | お知らせ コラム

先日お知らせした雑貨店Kitの引っ越し。

DIY しながら新店舗調え中とのこと。店内の写真が届きました。お店は進化中。そしてイベントは着々仕込み中。チェック怠りなく!!





Kitの場所が変わりましたよ!

2015.04.19 | お知らせ

『水の都 京都』『京都 手仕事帖』でご紹介していた雑貨店Kitが、3月末に引っ越しました。

新しい場所は、河原町通りにある毎日新聞社ビルの一本西(こういう言い方ができるようになったのは、方向音痴の私でも、京都の地図が頭に入ってきた証拠)。

新烏丸通りの角にある一戸建ての白い箱がKitです。

階段昇った2階がメインショップ。 

お店は引っ越した今もコツコツ生まれ変わり中。

新生Kitもみなさまよろしく。

(写真は引っ越し直後のKitの外観です)



京都の人気陶芸家の作品展ふたつ!

2015.01.28 | お知らせ

宇治に新しく生まれたRAKU CAFE AND GALLERYで、村田 森さんの作品展が2月1日まで行われています。

もうひとつは芦田尚美さん。こちらは東京で。「花とつぼみ」と題した春らしい作品。渋谷ヒカリエで2月25日まで。

FM COCOLOで食手帖が紹介されます

2015.01.15 | お知らせ

『京のめぐりあい 食手帖』で自身の行きつけ術を教えてくれた西村康浩さん。京都美食倶楽部を主宰する西村さんは、趣味の食べ歩きが嵩じて、食の案内役を仕事にするようになりました。その西村さんの紹介から、1月25日(日) FM COCOLO のTHE MAJESTIC SUNDAY(DJ:ちわきまゆみ さん 14時から18時)で『京のめぐりあい 食手帖』をとりあげてくれることに。行きつけの店を持つことで広がる京都の食の魅力をあらためて伝えられればいいですね。on airは17時の予定です。大阪のFM局ですが、パソコンやスマホを使い、radicoやLISMO WAVEで聴取できます。ぜひお聴きください。

銀閣寺そばの草食 なかひがし。鶏すきを料理する中東さんとカウンター越しに話す西村さん。


新しい年に願いをこめてーー島田耕園 御所人形展

2015.01.07 | お知らせ

ホームページで紹介している犬筥(いぬばこ)の写真をご覧いただけましたか。

安産のお守りや幼児の魔除けとして飾られるものですが、

何とも言えない謎めいた表情に目を奪われてしまいます。

顔は幼児を模し、体は横たわり頭を上げた犬の姿。

雄雌の対で左が雄で安産の札を納め、右が雌で白粉などを入れるそうです。

この作品を制作した島田耕園さんの作品展が1月28日から2月3日まで

髙島屋京都店の6階美術画廊で開催されます。

『京都 手仕事帖』でご紹介した島田さんですが、清水寺の二寧坂に工房を構え

古くは宮廷で、贈り物として親しまれた御所人形を制作しています。

愛らしい子供の人形(ひとがた)に成長の願いを託した作品をぜひご覧ください。

1 2 2ページ中1ページ目