• HOME
  • コラム・お知らせ

ラム・お知らせ

暮らす旅スタッフの京都に関するコラム、
お知らせや京都の催事・イベント情報など随時掲載していきます。

お茶の都 京都

2016.10.31 | お知らせ コラム

茶道は「ちゃどう」と読み、「さどう」は茶頭なのだとか。千利休は秀吉の茶頭でした。

 いまも、利休は小説や映画、漫画などで繰り返し題材となっています。もっとも多くはその死の謎がテーマで、利休の権謀術作の凄さが描かれることが多いようです。茶器や茶室を変革し、わび茶を大成した業績は付け足し程度で、「茶道とは何か」が語られることはほとんどありません。

 利休は「自分が死んだら茶は廃れる」という言葉を残したそうですが、利休が大成した茶道には、いまや数多くの流派があります。とはいえ、茶道の存在は知っていても、私自身もそうですが、内容まで知る人は少ないでしょう。

陶々舎の月釜にて


 暮らす旅舎が2年以上かけて取材し、この秋出版した『京都はお茶でできている』は、企画当初「お茶の都 京都」という仮タイトルで始まりました。取材を通して、茶道のことを少しばかり知ることができましたが、それは専門の本がいくらもあるのでおまかせするしかありません。

とはいえ、岡倉天心の「お茶の本」が芸術論としてとても、興味ふかく、「京都 手仕事帖」でテーマにした生活芸術の都としての京都を、お茶から見てみようとと思ったのです。だから本書は京都のお茶と暮らしがテーマで、けっして茶道の本ではありません。ただ茶道に取り組む人びとが多く登場します。

  本書のなかで、三人の若い茶人が日本家屋で暮らし、陶々舎という名で、お茶を中心とする伝統文化を発信する様を紹介しています。そのひとりが次のように話しました。

「茶室や型や作法という形で、茶の湯を冷凍保存した『流派のお茶』。それゆえに残せたことも重要だが、解凍する役目がこれからお茶をする人の役目では」。

本書では陶々舎の3人のお茶ライフを紹介しています。


「お茶」を解凍し、血を通わせるために、三人はそれぞれお茶の面白さを伝えるためにさまざまな茶会を開いています。鴨川でお茶を点てたり、銭湯と茶会をつなげて室町時代の茶の湯を現代に再現したり、お酒でお茶を抽出して「おちゃばー」を開きます。

 陶々舎の取材中、「何年もお茶を稽古していたけれど、初めてお茶が楽しいと思えた」と話す女性に何人も出会いました。

 おそらく、そうした声は「茶道は禅の修行と同様、単なる趣味や遊興ではない」という言葉に、封じこめられてきたのかもしれません。

  もちろんお茶は茶道ばかりではありません。たとえば祇園や河原町では抹茶アイスを求めて長蛇の列ができます。抹茶パフェも、お茶と和菓子を出す和カフェも人気です。お茶農家も抹茶スイーツに助けられているそうです。

 さらに京都に暮らす人々にとって、日々の暮らしに受け継がれてきた日常のお茶、ほうじ茶や番茶は欠かせません。さらに美味しいお茶漬けの友など、身近なお茶の世界がずっと、あたりまえのものとしてそこにあります。

京はやしやの抹茶パフェ

 本の巻末では陶々舎に、お茶会のお客さんになる指南をしてもらいました。「いま立っている足元こそ伝統」とは陶々舎の茶の湯心得のひとつですが、多彩なお茶の世界がいままさに京都を訪れたみなさんの足元に広がっているのです。

 

 

 

「京都はお茶でできている」10月15日発売

2016.09.20 | お知らせ

暮らすように京都を旅する楽しさを紹介する「暮らす旅舎」の本。今回のテーマは「お茶」です。といっても茶道の本ではありません。

 お茶、お茶碗、懐石料理、和菓子、床の間、お軸、お花。そのすべてが京都で生み出された文化です。それらは日本人の暮らしの文化、すなわち生活芸術をつくりあげました。

 京都では茶の湯はもちろん日々お茶を楽しむ人たちがいます。一杯のやすらぎと愉しみを知る方々を通して喫茶の魅力を追求します。

 またお茶の生産者から、お茶が美味しい料理店や甘み処、さらにはお茶漬の友まで紹介します。

「お茶を知れば、京都はもっと楽しい!」

『京都はお茶でできている』本の詳細はこちら→http://kyoto.kurasutabi.jp/books/article/58
『京都はお茶でできている』本のご購入はこちら→http://amzn.to/2dYK0Lc

 

Our book series ‘Kurashi-Tabisha’ presents the Kyoto you would experience if you were living in the city.

 ‘Tea’ is the central theme in this volume, although it‘s not a Tea Ceremony textbook.

 A unique blend of Japanese Tea, Chawan, Wagashi Sweets, Kaiseki Cuisine, flower arrangement and Kakejiku scrolls - enjoyed around a Tokonoma (alcove) space - all flowered into an Art of Living that now connects the daily lives of Kyoto residents.

 You are invited to explore current tea culture with us on a number of selected visits to locals who know the peace and pleasure of a simple bowl of tea. Along the way, we also meet reputable tea producers, Japanese confectioners, delectable restaurants and much more.

 “Know tea, and you’ll know Kyoto!"

 

漱石 京都の春 

2016.03.12 |

桜も紅葉もないけど、素敵な京都を紹介したいと始まった暮らす旅舎の本づくり。ろおじ巡りや水辺の散策など「いつ行っても楽しい」京都ではありますが、桜の季節の魅力は、「宿の予約がとりにくく、名所はどこも大混雑」を差し引いてもあまりあります。

暖冬の今年の桜は例年よりもかなり早そうです。ソメイヨシノの満開も3月中だとか。じつは出町柳、長徳寺のおかめ桜などすでに開花という知らせもありました。

さて多少人出があっても広いからゆっくり花見散歩ができて、おすすめしたいのが鴨川の岸辺です。まずは四条大橋から北へ向かいましょう。

途中の御池大橋西詰には「春の川を隔てて男女哉」という夏目漱石の句碑があります。一見堅物そうな漱石の秘めた恋が伺える一句です。漱石は生涯で4回京都を旅しました。親友正岡子規との初めての京都に始まる体験は『虞美人草』の比叡登山や、『門』の主人公宗介の学生時代、随筆『京につける夕』などに生かされました。

なかでも4回目の京都は大正4年3月19日から4月16日まで。この旅で漱石は祇園の名妓磯田多佳女に出会い、北野天満宮へ行く約束を反故にされた漱石は川向うの多佳女へ色紙にしたためて送りました。しかしこの地で吐血して、妻の筆子が迎えに来ることになります。漱石が亡くなる1年半前の出来事でした。

なんて明治の桜に想いをはせつつ、さらに北へ。出町柳そばの鴨川デルタを過ぎれば、そこからは賀茂川。元気なら北大路から北山通間800メートルつづく「半井(なからぎ)の道」は、京都府立植物園沿いの枝垂れ桜の名所です。

暮らす旅舎では、次回作にむけてそろそろ始動開始です。これからもよろしくお願いします。

盛り上がる京都の節分

2016.02.06 |

京都では、節分はとっても盛り上がる行事。

節分とは、もともとは「季節を分ける」という意味で、立春、立夏、立秋、立冬の前日のことをいうのだそう。旧暦では、一年の始まりを春としていたので、立春の前の節分は、言って見れば大晦日と同じ意味合いを持ちます。

祇園にある八坂神社では、芸妓さんや舞妓さんが福豆をまいて華やか。京大正門近くの吉田神社は2月2日から4日までが節分祭で、期間中は夜店がたくさん立ち並ぶなか、鬼やらいや火炉祭(かろさい)などの祭事が行われます。


↑吉田神社で振舞われている河道屋のお蕎麦に添えられた箸袋には、「年越そば」の文字が。なるほど!

明けまして、おめでとうございます。

2016.01.01 | お知らせ コラム

明けまして、おめでとうございます。

よく晴れた元旦です。

大晦日には、京都から福千鳥のおせちがクール便で届きました。「進化バージョン」は、清々しい白木の箱に15品の料理がそれぞれフレッシュパックで詰められています(黒豆は瓶詰)。保存料を使わず、本来のやさしい味を生かしたいということで、真空パックに。付属の笹の葉や木の仕切りを使えばそのままお重として使えるのですね。今年は、我が家で久しく使っていなかった丸い重箱を使ってみようと、自己流で盛り付けてみました。仕切りの代わりに、京都のセレクトショップNOMAで購入した斉藤幸代さんの豆皿などを使ってちょこちょこ盛り。余白を残してゆったり盛ったので、盛りきれない食材まだまだあります。

今朝は、年末にいただいた、京都北野天満宮の大福梅と結び昆布に白湯をさした福茶で始めてみました。京都でなさるという、年始めの作法をさっそく真似。

元日の過ごし方は、それぞれの地方や家で違うと思いますが、ちょっと背筋を伸ばして、気持ちも新たに、新しい年をよりよく過ごせますように、という気持ちは同じなのではないでしょうか。

暮らす旅舎では、今年、また京都の本を出版する予定です。通えば通うほど見えてくる、京都の魅力をお伝えしたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

↑北野天満宮の梅は、白湯をさすとふっくら味が出て、おいしい福茶でした。


↑福千鳥のおせちが届きました。杉の取り箸や縁起物の松の葉も添えられていて、うれしい。

↑美しい白木の箱入り。仕切りを使って盛りつければ、そのままお重として使えます。

↑仕切りの代わりに、手持ちの小さな器や、斉藤幸代さんの豆皿を使ってみました。まだまだ盛りきれていません。

そろそろお正月の準備です。

2015.12.17 | お知らせ コラム

「せやけど、今年はあかんな〜」と、誰もが口を揃えた今年の紅葉は、なんと12月に入ってから、ようやくきれいに色づきました。この秋の「そうだ、京都行こう」にも取り上げられた、北野天満宮の「もみじ苑」も、急遽、秋の特別公開を一週間伸ばしての営業です。

通常、京都の紅葉の見頃は11月中旬から下旬なので、やっぱり今年は、なんやけったいな紅葉だったのです。


↑もみじ苑から見た北野天満宮。


そんな長い紅葉の時期も終わり、街はそろそろ正月準備が始まりました。

12月13日は「事始め」。正月の準備を始める日です。この日の祇園街では、舞妓さんや芸妓さんが鏡餅を持って師匠のところへ挨拶にまわる姿が見られます。

事始めの日を過ぎると、お屠蘇や、元旦にいただく大福茶が売られているのに目がとまります。

北野天満宮でも、毎年事始めから、12月25日の終い天神までの間に「大福梅(おおふくうめ)の授与」が行なわれます。天満宮の梅園で実った梅を、元日の朝にお茶や白湯に入れて飲むと、一年間の邪気を払ってくれるのです。こうしてお正月の準備をひとつひとつ整えて、新しい年に向かいます。(京都駐在Y.S)

↑大福梅。6粒入り。毎年売り切れることも多いので、この時期はお早めに。

↑さすがに学問の神様。この日も本殿は合格を願う高校生たちでいっぱいでした。入試も新年も、もうすぐそこですね。

↑堂々たる本殿の門にも、年迎えの華やかさが添えられます。

仏光寺のイチョウ

2015.12.06 |

京都御苑の紅葉


「今年の紅葉はもうひとつ」と、皆さんおっしゃいます。
 例年よりも気温の下がるのが早く、木々が色づき始めた頃、なぜか季節が逆戻りして暖かくなり、葉っぱも迷ったのか、一部枯れたり落ちたり、色もくすんでしまったそうです。昨年に比べると確かにそんな印象を受けました。
 それでも、11月の末に訪れた仏光寺の大銀杏は、黄色い葉が青空にたっぷりと映え、しかも地面は厚く絨毯を敷き詰めたようでした。

 

 境内の一角には京都造形芸術大学の協力により昨年秋から、デザインストア「D&DEPARTMENT」があります。京都セレクトをテーマにした地域の伝統工芸品やロングライフデザインを中心に、ギャラリーや観光情報を集めたコーナーを展開しています。
  
 この日は、ストア内の小上がりで、陶々舎のメンバーのキキさんがお茶を点ててくれました。木桶の椿、点前道具を収めたブリキの岡持ち、風炉にかかる錫の薬缶、壁の現代アートというしつらえで、織部の変形碗で薄茶をいただきました。ほんのりと甘みの残る一服のお茶は、冷えた室内にあって、心地よい温かみがからだに広がっていくようです。


 

 暮らす旅舎では昨年秋、『水の都 京都』『京都 食手帖』『京都 手仕事帖』の三冊を出版しました。『京のろおじ』から始まったシリーズは、いわゆるガイドブックとは異なり、いずれも暮らすように京都を旅する楽しさを紹介してきました。

 この秋、ようやく次回作の準備に入りました。テーマはお茶です。といっても茶道の本ではありません。茶の湯の文化を世界に紹介した岡倉天心の名著「茶の本」にあるように、お茶は日本人にとって総合芸術です。季節や自然を愛し、手仕事を尊び、もてなしを一心につくす、日本人の心を天心は記しました。

 いうまでもなく茶の湯に登場する茶室、庭、掛けもの、花、茶道具、茶、茶懐石、菓子などそのすべてが京都で生み出された文化です。それらは日本人の暮らしの文化、すなわち生活芸術をつくりあげたのです。

 いま京都では茶道という枠にとらわれずに、お茶を楽しむ人たちがいます。喫茶去とはどなたでも分けへだてなくお茶をふるまう茶人の心得ですが、今度の本では抹茶にかぎらず、そのほかの日本茶や中国茶までとりあげ、お茶のさまざまな魅力を伝えます。

 さらにお茶のつくり手から、お茶の道具をつくる人や扱うお店、お茶を美味しくいただける料理店や甘み処、そしてお茶漬けにかかせない逸品まで「お茶を知れば、京都は一層楽しい」という視点で、京都の魅力を1冊にまとめます。

 折々に、取材の様子なども紹介したいと思います。ご期待ください。









豆餅も新豆の季節です。

2015.09.21 |

朝食なし、バス1日乗車券付き、のプランで京都駅前のホテルをとったので、この日はバスで出町柳に出て、コーヒーハウスMAKIにて朝ごはん。ここまできたら、出町ふたばの前を素通りするわけにはいきません。11時前だったので、行列はまだ3分待ち。見る間に、厨房からできたての豆餅を並べた番重が次々にでてきます。地元の人に愛されて、1日3000個つくる日もあるのだとか!

おいしく食べられるのは本日限り。旅行者は、家まで持って帰れない……。京都には、ここでないと食べられないものが多いんだなあ。

今宵堂の千鳥皿で一杯!

2015.08.20 | お知らせ

去年の夏は取材のため、京都暮らしでした。街で美味しいコーヒーをいただき、スーパーでお豆腐を買い、洗濯をする。時には近所の銭湯でのびのび〜〜。まさに「暮らす旅」。

「あーそろそろ京都欠乏症」。格子の窓が恋しくなっていたこのごろでしたが、今宵堂さんに注文していたお皿が届きました!

まるで愛しい赤ちゃんをくるむように、幾重にも薄紙やパッキン材で包まれた中から出てきたのは、千鳥の形をした小皿と箸置き、涼しげな色の片口です。

とにかく注文が多くて、それでも、お盆を返上してついにできあがったとお知らせがありました。私たちもお盆を返上して原稿を書く日々でしたので、ひと仕事終わったあとの晩酌タイムにちょうどぴったり!

仕事と生活の場がいっしょということは、通勤時間のストレスがないかわりに、今ひとつ、時間と場の区切りがないのです。夕飯のための買い物、お勝手仕事、そして晩酌が唯一の楽しみといってもよい!!

で、そのための小道具は大切なのです。

京都を偲ぶ千鳥皿には、もやしのナムルをのせました。長文屋さんの七味唐辛子も使用しております。

祇園祭PART3 こぼれ話

2015.06.25 | コラム

 夏越祓(なごしのはらえ)とは、半年間の穢れを祓い清めて、残り半年の健康と厄除けを祈願する行事です。茅の輪潜りといって、神社の参道に立てられた大きな茅の輪を潜り身を清めます。京都では6月30日に上賀茂神社や北野天満宮をはじめ多くの神社で行われています。この日、白のういろう生地に小豆を乗せ三角形にカットされた和菓子「水無月」を食べると縁起がよいといわれます。

 翌日7月1日は、吉符入(きっぷいり)と呼ばれる祇園祭の始まりの日です。宮本組の面々は八坂神社本殿で、祭行事の無事を祈願しお祓いを受けます。

 山鉾町でも町内の役員が集まり、八坂神社の神職のお祓いを受けて祭期間の無事を祈願します。夜は囃子方も、神棚に手を合わせ、お囃子を奉納して吉符入を行います。なかでも長刀鉾町保存会の会所二階の祭壇前で行われる稚児舞は有名です。また山鉾町の吉符入は1日とは限らず山鉾町によって異なるようで、5日までに行われます。

 

7月10日 神輿洗のお迎え提灯 鷺舞の年長組の子供達


こちらはお迎え提灯、年少組のしゃぐまの子供たち。頭には薩長軍がかぶっていたかつらが。

しゃぐまとは赤熊と書きます。昨年は台風のために中止となったお迎え提灯の行列。今年は見たいですね。

しゃぐまが腰に差しているのは蘇民将来の護符がついたこの榊です。


 そしてひと月祇園祭が続く始わけですが、締めくくりの7月31日に行われるのが境内にある疫神社の夏越祭です。疫神社の御祭神は蘇民将来(そみんしょうらい)。八坂神社の主祭神であるスサノオノミコトが南海に旅をされた時、蘇民将来に手厚くもてなされたことを喜んで、目印に茅の輪をつけた蘇民将来の子孫は疫病より免れると誓約されたそうです。他の神社で行われる夏越祓もこの故事にちなむものです。

 疫神社では鳥居に大茅の輪を設け、参拝者は茅の輪を潜って厄気を祓い、「蘇民将来之子孫也」の護符を授かります。このお祭をもって祇園祭も幕を閉じます。

 

粽にも「蘇民将来之子孫也」の文字が


下鴨神社でも茅の輪を潜る夏越祓神事が行われますが、立秋の前日(夏の終わり)に行われます。今年は8月7日です。ちなみに下鴨神社の夏越神事の由来は八坂神社とは異なります。興味のある方はお調べください。

 同じ夏越祓なのに日時が違うのは、明治初期に旧暦から新暦へと変わったことが原因です。七夕やお盆が地方によって7月と8月に分かれるのと同じと思われますが、同じ京都なのに面白いですね。

 実は祇園祭も新暦7月に行われるようになったのは明治10年以降。その前は旧暦の5月から6月にかけて行われていました。祇園祭とは梅雨明けを迎えて、戻ってきた日の光を祝う祭だともいわれます。旧盆や8月の七夕と同じく、旧暦の時間軸を大切にしているのです。確かに新暦7月7日の夜空ではたいてい雨模様。天の川を眺めるなら旧暦に限ります。

 

1 2 3 4 5 6 7 7ページ中3ページ目