• HOME
  • コラム・お知らせ

ラム・お知らせ

暮らす旅スタッフの京都に関するコラム、
お知らせや京都の催事・イベント情報など随時掲載していきます。

水辺と桜の旅へ

2015.03.21 | コラム

 京都は鴨川、桂川、宇治川と大きな川に囲まれ、さらに市内には白川や高瀬川、琵琶湖疎水が流れ、郊外では貴船、大原、高雄など水辺が美しい景観をつくり出しています。

 また表に見えるだけでなく京都の地下深くには豊かな水脈があり、その水量は琵琶湖に匹敵すると言われ、町のあちこちから名水が湧き出ています。

 

白川の桜


醍醐寺や三井寺、また下鴨神社など多くの寺社に、水にまつわる伝説があります。また日本三大祭のひとつ祇園祭は、鴨川の水で神輿洗が行われます。この祭の起源は、京都の発祥の地とも言われる神泉苑(御池通りの名の由来)での御霊会でした。このように京都の文化は水に支えられ発展してきました。

醍醐寺の水の流れ


 もちろん京料理を支えるだしをはじめ、酒、味噌、醤油、湯葉、豆腐、京野菜などの食材や、全国一という珈琲消費量も「京都の水」なしには語れません。


麩嘉の麩饅頭

 さらには友禅染め、茶の湯なども清冽な水があったからこそ生まれ、水の流れからさまざまな意匠も生まれました。

 水と水辺を巡る旅を通じて、京都の魅力を紹介したのが、暮らす旅舎の本「京のめぐりあい 水の都 京都」です。

 

 私たちは鴨川や琵琶湖疏水、そして北白川沿いの桜を追って撮影取材を始めました。あれから一年。もうまもなく同じ季節がやってきます。

 京都の水辺と桜の旅にぜひおでかけください。

はちはちのドイツパン

2015.03.14 |

先週メールで頼んでいたパンが、京都から届きました。

『京のろおじ』でご紹介した、西陣にあるはちはちInfinityのパンです。

ずっしり重くて、包みを開けるとさわやかないい香り。

右から、じゃがいも、コリアンダー、にんじん、雑穀です。

もっちりと味わい深いこのパンを食べると、他のドイツパンは、なんだか軽くてもの足りなく感じてしまいます。遠方からこのパンを買いに来る人がいるのもうなずけます。

はちはちInfinityがあるのは、千本通りのちょっと東。千本通りは、平安京の朱雀大路だったといいますから、はちはちのあたりはかつては都のまっただ中。やんごとなき方々のお住まい? 事務所?があったあたりかなあなんて思いながら路地の奥に歩いていくと、そこだけしんとした空気の森が出現します。この森の中の、古い民家で、天然酵母を育てながら、パンがつくられています。

だからなのかな、はちはちのパンの香りを嗅ぐと、この森の中にいるような気がするのです。

春キャベツのポトフなんかといっしょに食べようかな。

カフェスペースもありますが、ご主人がおひとりでパンづくりとカフェを奮闘なさっているので、せかさないでくださいね。


蹴上インクラインの桜の下で

2015.03.08 | コラム

 満開の桜の下、線路脇の石畳の道を、ドレスの裾を持ち上げ花嫁が駆けてゆきます。見ると足下は運動靴。その後をジーンズ姿の女性がバッグを抱え追いかけます。その先にはタキシードを着た花婿が待っていました。三脚を立てカメラを構えた男性が中国語で声をかけると、カップルは互いに見つめ合います。

 まわりを見ると同じようなチームが何組もいました。インクラインの桜並木は、結婚式の前撮りの名所なのです。

 

 

「水の都 京都」の撮影取材を始めたのが昨年3月。北野天満宮の紙屋川からはじまり、4月に入り琵琶湖疏水沿いの桜を追いかけました。

 蹴上インクラインは琵琶湖疏水を運航する船を、台車にのせて急坂を行き来するためにつくられました。船を曳く線路の両側に延々と続く桜並木は大人気。あまり人が多くない写真をと思って朝8時前にやってきましたが、満開の桜の下のインクラインは、すでに前撮りのチームに占拠されていたのでした。

 映画のワンシーンのような2人のショットは、母国に帰って本番の結婚式で披露されるのでしょう。

 

 京都のさまざまな水の物語を紹介した「京のめぐりあい 水の都 京都」。蹴上、南禅寺の水路閣、哲学の道、そして北白川へ。疏水沿いの桜を追って歩けば、きっと新しい発見があります。ぜひ足を運んでみてください。

亜矢子さんの散歩道

2015.02.25 |

京友禅の老舗にお勤めの亜矢子さんは、お客様と職人さんとの橋渡しに日々向き合い、大忙しの毎日。そんな多忙な日々でも愉しみを見つけるのが亜矢子さんの元気の秘訣です。

その土曜日も、午前中どうしても出勤しなければならない用事があったとか。素早く仕事を終わらせると、外はなんだかよいお天気。このまま帰るのはもったいないと、まず河原町丸太町にある雑貨屋さんKitを覗く。アジアのもの、日本のもの、北欧のもの、古いもの、地方のもの、さまざまなものが並ぶ店内で、じっくり目を凝らしてお気に入りを発見&お買い物。


↑川端通り沿いのゲーテ・インスティテュート。この中にカフェ・ミュラーがあります。


鴨川沿いの川端通りをてくてく上がるともうお昼どき。気持ちのよいカフェ・ミュラーでドイツ人に混じってドイツビールとプレッツエルで早くも乾杯! ランチもいただき、おなかが心地よくなったところで、東に入り、平安神宮を下がってラ・ヴァチュール。こぢんまりとあったかな雰囲気のこの店で、食後のケーキと珈琲。タルトタタンが名物ですが、キャラメルクリームの入ったくるみのタルトも。ああ迷う! 

近代美術館の前を通ったら疏水の向こうにnomaが見えてきます。 nomaは、shop&galleryのほうは 週の半ばから週末にかけてオープン。お店の方が海外に買い付けに回られるときはお休みになってしまうので、オープンしていたら見ておかないと!! お目目を美しくしたところで、白川のせせらぎを眺めながら三条通りに出ます。目指すはうえと。清々しいカウンターに座ってチーズとハイボールでゴール!

大人の女性の散歩道。桜が咲いたら、きっときれいでしょうね。詳しくは『水の都 京都』『京都 食手帖』をご覧ください。

あ、あなたの散歩道も教えてくださいね。


↑ これから鴨川散歩の楽しい季節。

↑もしかしたら、鴨川のギャング、ヌートリアに会えるかも!


↑お天気がよければ、カフェ・ミュラーのテラスでランチ。夕暮れ乾杯もおすすめです。

↑孫娘が心を込めてつくるタルトタタン。クルミのタルトもぜひ試してみてください。

↑三条通りに面したうえと。こんなカウンターでちょっと一杯っていうのが大人というもの。お酒が飲めなくても、上田さんが美しい飲み物をつくってくれます。怖くはありませんよ。

都をどりの「水色」

2015.02.15 |

4月に行われる都をどりの予約が始まりました。

都をどりといえば、ポスターも楽しみです。

舞妓さんが着ている衣裳は毎年水色。友禅染の老舗、岡重さんが制作しています。この水色、赤やオレンジ色が入ってもなぜかかわいい。きものならではの色合わせだと思います。

京都の祭り事には、縁の下に老舗の力あり。

(私は団子皿も好き)

京都で雛祭り

2015.02.15 |

そろそろお雛様を飾っておられるころでしょうか?

水の都 京都』でもご紹介していますが、北野にある「平野の家 わざ永々棟」では、今年も2月25日から3月いっぱいまで、江戸から明治にかけてつくられた貴重なお雛様を一堂に見せてくれる特別展が開かれます。

今年は御所人形も展示されるそうです。御所人形も、子どもの成長を願って贈られたもの。ぷくぷくした肌、愛らしい表情の御所人形と、技術の粋を極めた雛人形を見に、春爛漫の京都はいかがでしょう?

平野の家は、建物そのものも一見の価値あり。近くには桜の名所、平野神社や北野天満宮があります。秀吉が築いた御土居のあとも見つかるでしょうか? 

北野天満宮では25日は境内で骨董市、2月25日は梅花祭も開かれます。

写真は2014年の平野の家での特別展です。

水の都、三井寺の春へ

2015.02.14 | コラム

水の都 京都」の取材で、琵琶湖疏水の源にある、

大津の三井寺を訪ねたのは昨年2月でした。

三井寺の建つ長等山の下にトンネルを通し、疏水を京都に引き込んだ難工事。

琵琶湖との間の水門など、まさに産業遺産(現役ですけど)の趣があり、

水路脇の桜並木が,春には美しい花を咲かせます。

三井寺は正式名は園城寺といい、草建は686年というから奈良時代よりも古い。

大化の改新をおこなった中大兄皇子(のちの天智天皇)が、

白村江の戦いに破れ、飛鳥から大津に都を遷したのが667年。

その後、大津京で亡くなった天智天皇の子、大友皇子も壬申の乱で没し

その菩提を弔うために草建されたそうです。

三井寺の境内には天智天皇、天武、持統の産湯に使われたとされる霊泉があり、

そのため当初は御井寺と呼ばれました。

金堂には天智天皇が所持していた弥勒菩薩が祀られていますが、

御像を納めた厨子の扉が開けられないために、秘仏となっています。

三井寺は不死鳥の寺とも呼ばれ、歴史上さまざまな争乱に巻き込まれ、その度に再建されて来ました。

今の金堂は秀吉の正室、北政所の寄進により再建されたものです。

また境内には弁慶の引き摺り鐘や三井の晩鐘、左甚五郎作の龍などもあり、

数多の物語に彩れた古刹です。ぜひ千三百の歴史を訪ねてみてはいかがでしょう。


京都の人気陶芸家の作品展ふたつ!

2015.01.28 | お知らせ

宇治に新しく生まれたRAKU CAFE AND GALLERYで、村田 森さんの作品展が2月1日まで行われています。

もうひとつは芦田尚美さん。こちらは東京で。「花とつぼみ」と題した春らしい作品。渋谷ヒカリエで2月25日まで。

東京ドームのキルトフェスティバル

2015.01.28 |

東京ドームのキルトフェスティバルに行ってきました。

あのドームの会場に、全国のキルト愛好者がそれぞれの作品やオリジナルキットをブースに展示するフェスティバル。『手仕事帖』でご紹介した花岡瞳さんも出展すると聞いて、行ってきました。

手芸好きな母のもとで育った私も、手芸好き。学生のころは編み込みセーターの大作なんかも制作したものでした。今もときどき手づくりウェーブが押し寄せ、ビーズのネックレスや、着なくなったコートをばらしてクッションなどを制作→自己満足。夢中で針を動かしている時間は大好きです。

東京ドームは、そんな私でも腰が引けるほどの熱気。こんなに手芸を楽しむ人がいるのですね。

色とりどりの布で飾られた会場の中にあって、花岡さんのブースはシックで大人の雰囲気。花岡さんセレクトの布は、そのまま洋服に仕立てたいよう。改めて花岡さんのセンスを感じました。

バッグがあったら欲しいなあ、と思っていたのですが、会場で販売するのはキット。バッグを完成させる自信が揺らぎ、『手仕事帖』で取材した、クリスマスオーナメントキットを買いました。これなら私でも間に合わせられるのでは?

アップがぎりぎりでごめんなさい。キルトフェスティバルは1月28日までです。花岡さんのブースはB-43。まっしぐらに行ってください。

FM COCOLOで食手帖が紹介されます

2015.01.15 | お知らせ

『京のめぐりあい 食手帖』で自身の行きつけ術を教えてくれた西村康浩さん。京都美食倶楽部を主宰する西村さんは、趣味の食べ歩きが嵩じて、食の案内役を仕事にするようになりました。その西村さんの紹介から、1月25日(日) FM COCOLO のTHE MAJESTIC SUNDAY(DJ:ちわきまゆみ さん 14時から18時)で『京のめぐりあい 食手帖』をとりあげてくれることに。行きつけの店を持つことで広がる京都の食の魅力をあらためて伝えられればいいですね。on airは17時の予定です。大阪のFM局ですが、パソコンやスマホを使い、radicoやLISMO WAVEで聴取できます。ぜひお聴きください。

銀閣寺そばの草食 なかひがし。鶏すきを料理する中東さんとカウンター越しに話す西村さん。


1 2 3 4 5 6 7 7ページ中5ページ目