2月7日暮らす旅舎✖️陶々舎 茶話会 Part2

Posted by S.
2月7日 Posted by S.

——三人のお茶の先生はみな外国人で、キキさんと大陸さんがデンマークの方、福太朗さんがカナダ人のジャックさん。50歳過ぎて日本にお茶を習いに来た方です。聖徳庵と名付けた家に暮らし、お茶のお稽古をされています。

福太朗 サンタクロースとアインシュタインを足して2で割ったような方で,

稽古の中で話されるのは、作法の右や左よりも、ひたすら問答が繰り返される。掛け軸の意味をどう思うかひとりずつ言えとか、それはさっき言ったからだめとか、それで半分くらい終わったりするんですけど、いろんなお茶のアプローチがあって、面白いなと思いました。それぞれが先生からいろんな問いをもらっています。私はWHO ARE YOU? とことあるごとに問われる。物を買ったり、お茶したり、お酒を飲んだりしながら、探っているような感じです。

いい答えのためにはいい問いが必要と先生がおっしゃいます。いまちゃんとお茶をするための問いは何なんだろう。私の中ではとっても大事な課題で、たくさんのものを先生からもらっています。

——大陸さんたちの先生は、町家に暮らしているそうですが

大陸 ビスゴー先生は家の近所に住んでいて、大学一年生のときに初めて会いました。180以上身長があって、白い髭をはやし、仙人みたいに髪を結んで、家に行くとガネーシャや、インドネシアのバティックとかがある。この人は何者だろうと思ったら、奥に茶室がある。お稽古を始めたら、水が冷たいんです。茶室にはお湯も引いてないし、20リットルのポリタンク2つで水を汲みに行く。ほんとうに寒くて手が動かなくなる。

なんでこんな寒くて不便なところに住んでいるのかと思いました。でも先生の顔を見ると幸せそうな、充実した表情されている。不自由な中で豊かさを感じるにはどうしたらいいのか。どうしても知りたかったんです。とてもきれいにされていて、自分で庭を造り、自分で家を直して清潔で、道具は多いですが、つねに整理整頓。どこに何があるかわかる。生きる術というか、豊かに暮らす術をこの人は知っているなと思いました。キキはどういう印象?

キキ 同志社のとき、お茶の先生を探していたら、京都には4ヵ月しかいないのでみんな断わられました。でもビスゴー先生の知り合いに紹介してもらったら、いいですよと。1週間でも、1日でもいいですと。お茶が好きだったら、続けて行くと思うから、どうぞ来てくださいと。でも他の先生と比べたら、すごく厳しかった。だから1週間でも2週間でもちゃんと稽古できると思った。

先生の稽古は、学ぶことが大切。趣味ではないですよという気持ちがあってそれは大事だと思いました。まわりにも面白い人が多くて、お茶だけではなく花とか書も学んでいる。点前だけではないということも理解しました。先生のところで、本で読んでいる茶の湯を初めて見たという感じでした。ほかのところでは本に出てるのと実際が全然違う。

——大陸さんは高校のころはヒップホップ踊ってたとか。

キキ 知らんかった。

大陸 高校のころは茶髪でした。ヒップホップが人気で。ブレイクダンスが好きで、当時かっこいいものとか。だぼだぼの服着て、ラップをカラオケで歌ったり。

——お茶をやって一番変わったことは人間力がついたこととか。

大陸 基本的になんでもやらないとだめなんです。それこそ火の起こすとか、炭を切るとか。

キキ 灰を洗うとか。

大陸 昆布だしをとるとか。いままでやった事がない事を、やらないといけない。家が寒いので。火をおこさないとお湯がわかない。お湯が沸かないとお茶が点てられない。なので、幅が広がりましたね。何でも屋さんみたいな。

——私はお茶を習っていて、大陸さんが人間力がついたと聞いて、目から鱗が落ちた思いがしました。お点前を覚えるところで止まっていたので、お点前は人間力をつけるためにあると知りました。

陶々舎に打ち合わせにいくと8時過ぎなんですが、お鍋をつくってくれて、若い男の子にご飯をつくってもらったことはなかったので、目から鱗。どうしてこんなに美味しいご飯がつくれるのか。そうしたら、「月がきれいだから庭にでてください。お茶をしましょう」と。こんなお茶があってもいいと知り、新鮮でした。お茶ってこんなものだったんだと。実は自分のレベルでも楽しめるものと初めて知りました。

 

福太朗 話をして欲しいと言われて今日は来ましたが、本にするにはすごい人にしないとだめなんで、実際私たちはまったくすごくなくて、条件がラッキーだっただけで、誰でもできるのだと思います。

伝統文化ではやっちゃいけないというしばりがあって、お茶事なんてまだまだとか、手伝いすら行っちゃだめとか。でもできるところで差し出して行かないと、明日死ぬかもしれないし、試してみないとわかんないじゃないですか。この道歩んでいて、70歳になったからお茶事していいとか、そんなのは楽しくない。お茶事すると、失敗するし手順も間違える。でもしちゃいけないかといったら、そんなことはないと思います。

差し出してくれた人に、受け取ってもらえて、ありがとうございますとなればいい。誰にも止めることはできないし、しがらみはなくていいと思います。でもなんでも自由でいいかというと違って、ぴたっとはまる形があるのは確かですが、100点とらなきゃいけないことはないと思うんです。

その喜びは、スキー場で今カップラーメン食べると美味しいという状況と一緒。カップラーメンじゃなくて、すごくいいラーメンをこれからつくるとなったら、美味しくないです。今しかない、ぴちぴちの状態がある。ネタは新鮮なうちにぱっと食べたら美味しいんです。花咲いたり、月が出たり、気分が盛り上がったらお茶しようかというのがいい。家にいるからしやすかったということもありますが。

——月釜ではロウソクの炎だけ。「茶と湯」は船岡温泉でお風呂に入ってからお茶をしたり。いろんなお茶をしていますね。

大陸 茶と湯は茶の湯にかけたギャグですが、もともと淋汗茶の湯という室町時代に流行ったお茶がありました。蒸し風呂なのか、ひと風呂浴びて、宴会の一種で、風呂上がりに料理とお酒とお茶がある。それは面白そうと思いました。お客さんも緊張せず、一杯どうですかって。お菓子は温泉饅頭をお菓子屋さんに作ってもらい、これも美味しい。お客さんも亭主もほぐれて、いい湯だなと。相性がよかったですね。京都はとくに銭湯が多いので、みなさんおごりますというかたちで、連れて行って。誰でもできる。お茶会の提案でもあります。

福太朗 これはいいです。同じ湯につかり、同じ湯を飲む。すごく楽しいです。そうじゃないと面白くない。鴨茶も「茶と湯」も、今生ている自分が楽しいというお茶がするのが大事です。

キキ 私は本に出てるお茶しかやりたくなかった。でも茶と湯はお客さんで入るのはいいです。楽しかったです。

——でもお茶バーを始めましたね

キキ 最初は本で出ている茶事しかやりたくなかった。昔の人が考えてよかったから、そのパターンが残っている。2月の暁の茶事とか難しいけれど、昔の人は賢い。すごくよかった。そういう本に出ている事を全部やって、今からどうしようとなって始めました。

出張で東京に行き、お洒落なカフェに大陸さんと行って、そこで碾茶(てんちゃ)とウォッカのカクテルが出て、「ワオ」となった。初めての感覚で、自分でやってみようと思いました。ヴィラ九条山のニュイブランシュのイベントで友達にお茶やってくださいと頼まれて、面白い事をやりたくなった。お茶とお酒をまぜたものを研究しながら。

——抹茶をビールで点てたりとか。

キキ そう。薄茶とか濃茶をビールで点てました。ときどき美味しかったり、そうじゃなかったり。まだレシピはできていません。いつもの茶席みたいなところじゃなくて、今回はバーみたいにしましょうと、近所の友達を誘って、そのとき楽しかった。でもお茶より大変、商売みたいになっちゃうから。お茶の方がいいかな。

——ウーロン割とは違って、お茶をお酒で抽出する感じ。美味しくて悪酔いしませんね。

福太朗 お茶だからこうしなくちゃいけない、飲み物としての抹茶は優れた飲料なので、伝統文化とくっつくと、抹茶でこんなことしていいのと思われるかど、ここはちゃんと切り離していいと思う。飲み物としての抹茶。文化として付随する抹茶。そうするとお茶を楽にしてあげられるというかこうするともっと楽しめるとか。可能性が広がると思う。抹茶にこんな事をしてとか、思わないで、もっとパキパキ考えていいと思う。

(次回 Part3に続く )